ロマネ・コンティの使用樽で熟成した究極のガレージワインのスーパーセカンド

    ファッション
    12 /24 2018
    『マス・ラヴァル』!!


    すでにその名を聞けばもうあの『ロマネ・コンティのエキスが溶け込むカルトワイン
    の味わいが舌に蘇る方も多いはず.

    なんとあのロマネ・コンティの使用済み樽で18ヶ月も熟成した
    究極のガレージワイン[マス・ラヴァル・グラン・キュヴェ]

    こんな凄いカルトワイン
    まだこの世に存在していたことが今だに信じられないところなのですが、
    さらにさらに衝撃の事実!!
    なんとこの[マス・ラヴァル]に安旨キュヴェが存在していたのです。

    その名も
    [マス・ラヴァル・レ・パンプル・ルージュ 2016]

    そもそも、この上級キュヴェの[マス・ラヴァル]は、
    なんとあのロマネ・コンティの使用済み樽で
    18ヶ月も熟成した究極のガレージワインとして有名で、
    2000年に初めてリリースされて以来、
    全世界中でも限られた評論家や
    愛好家の口にしか運ばれたことのない幻中の幻ワイン

    ・・・というのも、
    ラヴァルの畑は、あの5大シャトー[ラフィット]や[ラトゥール]、
    そして今や時価30万円[ぺトリュス]に完全に匹敵するラングドック最高峰、
    【マ・ド・ドウマ・ガサック】の真隣にあるんです。

    なんと1976年に実はそのガサックがこの地でブドウ造りを始めた時に、
    本当はこのラヴァルの畑を欲しがっていたのに
    ラヴァルのお父さんに断られたので仕方なく隣の畑を買ったという、
    世界のワイン市場の根幹を揺るがすような事実があったんです。

    今回ご案内する[レ・パンプル]は、
    上級キュベに勝るとも劣らない贅沢な造り、
    熟成に使用する樽はもちろんロマネ・コンティの使用樽で、
    その熟成期間は12ヶ月!
    ブドウ品種ごとに熟成し、ロマネ・コンティのエキスが
    たっぷりと溶け込む凝縮したワインをそのまま完全無ろ過にて瓶詰め。

    その味わいは
    『グラスに注いだ瞬間から、
    スミレの花のような香りが魅惑的に鼻をくすぐり、
    口に含むと濃厚なるエキスを持ちながら
    極めて柔らかい舌触りとともに、
    瞬く間にそのスミレの香りが口の中を
    非常に心地よく一杯にしてくれるんです』

    まさに南仏を代表する『スーパーセカンド』ワイン。


    マス・ラヴァル・レ・パンプル・ルージュ 2016
    【赤ワイン 750ml フルボディ 辛口 ロマネ・コンティ Mas Laval】


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント

    くらたなお

    こんにちは、「なお」です。よろしく!
    秘書してます、それとボスに恋してます。
    仕事はキビシイけど一緒にいると、わがままな子供みたいで・・・
    すぐ泣くし(純情?)、エッチなんだけどさっぱりしてる?