10年熟成の銘醸リオハ・レセルバ

    ワイン
    12 /19 2018
    熟成ワイン好きの皆様

    銘醸リオハのレセルバ2008年ヴィンテージ

    しかもパーカー【91点】

    その名も、
      [プエージェス・リオハ・レセルバ 2008]


    スペインで最も伝統的な銘醸地といえば、リオハ。
    古くからワイン愛好家に親しまれ、名声を獲得した産地
    のひとつと言えるでしょう。

    リオハでは昔からクリアンサ、レセルバ、グラン・レセルバ
    といった熟成規定があり、樽熟成と瓶熟成の期間が細かく
    設定されています。

    クリアンサ、レセルバ、グラン・レセルバの順に熟成期間
    がより長く義務付けられており、その分ワインの格も上がり、
    価格に反映されているんです。

    今回ご案内のリオハのレセルバは、グラン・レセルバほど長
    期熟成ではないものの、ちょうど良い飲み頃具合で
    世界中のワイン愛好家に愛飲されている銘醸ワイン

    『私は2008年のレセルバにすっかり唆されてしまった。
    ほのかな芳香と樽のニュアンスが大変良く凝縮した、
    シリアスで淡い赤ワイン。口中でもややシャイで閉じ気味、
    また渋みが収斂するかもしれないが、上質な新鮮さと
    良好なタンニン、磨かれたテクスチャーが非常にうまく
    バランスしている。』

    さらに造り手に関して言及し、
    『ヘスス・プエージェスの小さな醸造所を訪ねたところ、
    リオハには多くの生産者がいるのに「なぜ小さなうちへ?」
    と驚かれた。
    それは「小さなうち」こそ、本物かつ純正なリオハを提供してくれるから。
    注目を引くベルもホイッスルも、野心も持たないけれど、
    魅力と人柄に溢れている。』

    と、当主ヘスス・プエージェスさんが聞いたら感涙に
    むせびそうな、感動的なコメントで褒め称えています。

    ぜひとも、ご自身の舌と感性で確かめてみてください。

    まだ濃厚なガーネット色ですが、
    エッジはやや淡めのレンガ色が現れてきています。
    期待に胸をふくらませながら香りをとると、
    イチジク、イチゴ、ラズベリーのドライフルーツや
    オレンジピールの芳醇なブーケの中に、
    フレッシュなダークチェリーのアロマも見え隠れ。
    さらにクローブ、シナモン、ナツメグのスパイス。
    続いて杉、タバコの葉、紅茶、マッシュルーム、
    ミネラルの印象もあり、
    10年の時を経て豊かな香りを醸し出しています。
    口中でもドライで落ち着きのある果実味に癒され、
    豊かで上質な酸がしっかりと味わいの柱に据えられています。
    きめ細かく溶け込んだタンニン、
    口当たりはこの上なくシルキーでなめらか。
    それでいて口中で収斂するような渋みと
    硬質なミネラルが全体を引き締め、非常に良いバランス。
    飲み応えがありながら繊細でフィネスのあるスタイルです。

    これが美しく熟成した銘醸リオハのレセルバなのか・・・
    と思わずため息が出てしまいます。

    適温は15~16℃。
    デカンタージュしていただくか、
    お飲みになる数時間前に抜栓していただくと、
    より芳醇な風味をお楽しみいただけます。

    キノコのお料理、特に薫り高いポルチーニ茸を使った一皿や、
    根菜と牛肉の煮込みなどに良く合います。
    ぜひお試しください!


    プエージェス・リオハ・レセルバ 2008
    【スペイン】【赤ワイン】【750ml】


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント

    くらたなお

    こんにちは、「なお」です。よろしく!
    秘書してます、それとボスに恋してます。
    仕事はキビシイけど一緒にいると、わがままな子供みたいで・・・
    すぐ泣くし(純情?)、エッチなんだけどさっぱりしてる?